足裏、かかとが痛い! ~足底筋膜炎~

症状

歩いたり、走ったりすると、かかとの裏や土踏まずあたりが痛くなることはありませんか?特に朝起きたときの一歩目で、この箇所に激痛が走るような症状がある場合、「足底筋膜炎」を発症している可能性が高いといわれています。

原因

足底筋膜炎の場合もオーバープロネーション(過剰回内)が原因であるケースが多いといわれています。オーバープロネーションの場合、かかと周りの関節が崩れることで内側アーチが低下し、足長や足幅が大きくなってしまいます。足底筋膜(腱膜)は足裏のかかとからつま先の付け根にかけて、扇状に広がって付着していますので、この場合、四方に引き伸ばされ強いストレスがかかっていることになります。

「足底筋膜炎」にもやはり踵周りの骨・関節が!!

人は一日に8,000~12,000歩、歩くと言われています。オーバープロネーション(過剰回内)の足は、一歩ごとの過剰なストレスを足底筋膜に何千回も繰り返し与え続けるわけです。やがて、このストレスが原因で炎症をおこし強い痛みに襲われるようになります。※内側アーチがしっかりある足でも、筋腱が通常より硬い硬直性の足にも発症する場合があります。

スーパーフィートインソールと足底筋膜炎

オーバープロネーション(過剰回内)が原因の場合、足底筋膜の伸縮が直接的に関与する「足がたわむ」(アーチが低くなったり高くなったりすること=回内・回外運動)動きはかかと周りの関節と下半身全体の動きが作り出します。本来の動きに近づくことで、足底筋膜が伸びっぱなしの状態でなく、伸びたり縮んだりという適正な動きを取り戻し、症状を改善します。また、硬く深い丈夫なヒールカップ(特許構造)が、かかとの脂肪層をかかとの骨の真下に包み込むことで体に備わっている衝撃吸収機能を呼び起こし、痛みを緩和することも期待できます。硬直性の足にもこの効果が期待できます。 ※効果には個人差があります。