足の指の間がピリピリ痛い!~モートン病(神経種)~

症状

主に足の中指と薬指の間に「ピリピリ、ジリジリ」と刺すような痛みが走る症状です。しびれや、幹部に塊があるような違和感を覚えることもあります。この痛みは、指と指の間を通っている神経がコブ状に腫れてしまい、歩くたびにその部分を刺激してしまうことで起こります。

原因

モートン神経種の原因は主に靴の問題が挙げられます。つま先側が細いハイヒールやスポーツシューズなどを長時間、日常的に履き続けることで発症してしまうといわれています。靴の問題との大きくかかわる問題として挙げられるのが、オーバープロネーション(過剰回内)です。オーバープロネーション(過剰回内)の足は、かかと周りの関節が動きすぎることで同時につま先側を広げてしまいます。(開帳足)過剰に広がってしまった、前足部を無理やり先の狭い靴にねじ込んだ状態で長時間、日常的に過ごすことで指と指の間にある神経にも負荷がかかり続けます。オーバープロネーション(過剰回内)の足は歩行などの蹴りだしの時に、問題の指の付け根の骨(第3、第4中足骨)の先端にのりこんでしまい、また強い負荷がかかる要因となります。この位置にタコができている人も少なくありません。

スーパーフィートインソールとモートン病(神経種)

まずは、足に合った靴に買い替えることが大前提となります。スーパーフィートインソールだけが持つ、かかと周りの関節が適正な動きを作り、アーチを作りやすい環境を整えることで、モートン神経種の一因とされる開帳足も改善されることが期待できます。また、歩行時の最後に蹴りだす部分が母趾球側に移行することで、運動時のストレスがさらに軽減されます。重症の場合、スーパーフィートインソールのルーツであるノースウェスト・ボディアトリック・ラボラトリー社の製作するオーダーメイドインソール(オーソティック)をお勧めします。

※スーパーフィートインソールの効果は個人差があります。