膝の外側が痛い!!~ランナーズニー~

症状

腸脛靭帯炎は膝の外側に起こる痛みのことを言います。始めの症状は休憩中に不快感を覚え、段階的に悪化していきます。「ランナーズニー」という通称があるくらい、長い距離を走るランナーに特に多く見られます。大腿骨の膝関節をなす部分外側の突起に腸脛靭帯が膝の曲げ伸ばしのたびにこすりつけられるように前後に動きます。何らかの要因で、腸脛靭帯自体が硬直化してしまうことで、曲げ伸ばしの際にこの部分にストレスがかかり違和感や痛みが発症します。重症になると、足がつけないくらいに激痛が走るようになります。

原因

腸脛靭帯炎の原因は、強い負荷がかかる激しいトレーニング、オーバーユースなど、様々な要因が考えられます。身体の構造的な問題では、下半身の骨格配列が起因している場合もあるといわれます。(O脚など)足の問題では、オーバープロネーション(過剰回内)がかかわっていることが十分に考えられます。接地した時に足がたわむ動きはかかとの関節周りが作っている大切な動きです。この時、スネの骨は内側に必ず回り込み、多くの場合、膝も内側を向きます。オーバープロネーションはかかと周りの関節が動きすぎるため、内側にすねが回り込んでしまう動きも過剰になり、膝に大きな負荷がかかります。この時ニーイントォアウトという、いびつなランニングフォームになってしまうことが多いです。

スーパーフィートインソールと腸脛靭帯炎(ランナーズ二―)

アイシングなどのケアはもちろん、何よりも安静にすることが大切です。オーバープロネーション(過剰回内)に起因する場合は、かかと周りの関節をサポートし、動きを導き出すスーパーフィートインソールの使用はたいへん有効です。かかと周りの関節の動きが改善されるということは、スネの動きや膝関節の動きも改善される可能性が高くなります。あわせて、トレーニング内容を低負荷から段階的に調整していくことをお勧めします。

※スーパーフィートインソールの効果は個人差があります。