かかとの後ろが痛い!~アキレス腱炎~

症状

歩くときや走るとき、かかとの後ろ側に痛みや焼けるような違和感を覚える症状が特徴です。

原因

オーバーユース

短距離走など、ハイスピードで走る場合、前足部で強い接地をします。早く「走る」ために、地面により強い衝撃を与える接地が必要になります。激しいトレーニングで繰り返し強い負荷の運動を繰り返すことで、オーバーユースとなりアキレス腱炎を発症する場合があります。

靴の形状

足に合わない靴や、かかとが擦り減っているような使い古した靴の使用などが原因で、アキレス腱に負担がかかる場合があります。また、仕事などで高いヒールを履き続けている人が、慣れないかかとの低い靴を長い時間はいてしまったときにアキレス腱に炎症を引き起こす場合もあるといわれています。これらの原因として、オーバープロネーション(過剰回内)がかかわっていることが十分に考えられます。オーバープロネーション(過剰回内)足の場合、接地する際にかかと周りがたくさん動いてしまうことによって、前足部と後足部にねじれが起こります。接地するたびにこの動きが出てしまうと、足骨格の大きな動きが必要以上にアキレス腱をけん引し続けることが考えらえます。

スーパーフィートインソールとアキレス腱炎

深くて硬く丈夫なヒールカップ(特許構造)が過剰に動く踵周りの関節を安定させ、筋腱の緊張を緩和、アキレス腱へのストレスも軽減させることが期待できます。アキレス腱のトラブルは腱断裂などの重症につながる場合もあります。スーパーフィートインソールを使って日常からアキレス腱への負荷を軽減しすることは、このような障害の予防にもなるのです。

※スーパーフィートインソールの効果は個人差があります。